Thoughts, stories and ideas

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

ボトムス ミニマリスト ボトムス ミニマリスト

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

ボトムス ミニマリスト

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

ボトムス ミニマリスト ボトムス ミニマリスト ボトムス ミニマリスト

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

ボトムス ミニマリスト ボトムス ミニマリスト ボトムス ミニマリスト

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

ボトムス ミニマリスト

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

一番の主役は、その革の表情ですが、しっかりとコーナーに「Berluti」の文字が刻まれているので、心強くいられることでしょう。 これまで、秋冬のアイテムでレッドといえば少しくすみが入ったものが定番で差し色やワンポイントとして使われることが多かったですが、2017年の秋冬はくすみがない、パワフルな赤のトレンドが到来し、赤がコーディネートの主役になります。

2017〜18年の秋冬もの、ラグジュアリーメゾンのショーをみているとロンドンでも東京でも、かっちりしたシルエットのロングコートが多かったですね。取扱店はまだまだ多くないので、やはり東京に出る機会があれば、お店をチェックするという感じがよいのではないでしょうか。扱っているブランドはレディースが多めですが、イルビゾンテを始めとして毎日のように新商品がアップされています。

ボトムス ミニマリスト
ボトムス ミニマリスト